プラスα

疲れた時こそあと1つだけやってみるフィジカルがクリティカルに

疲れ

人間の体力というのは限界がある。頭では既に出来上がっているものも実際に形にする時にはその体力の余剰を計算に入れておかなくてはならない。一番やってはいけないことが、計画を遂行できる環境ではないのに、計画の後にまた計画をしてしまうこと。

これが本格化してしまうと何も現実になっていない状態となってしまう。準備は必要ではあるが、その行為自体に満足してしまったり、そこでギブアップになっては全くもって本末転倒な話である。困ったことにこの考えに陥り易いのである。先の見通しは誰にも立たないのが当たり前である。ソフトウェアのアップデートのように日々微調整しながら、改善して前進していくより他無いのだ。

そこで大切になってくる考え方にあと一歩という小さな努力である。今の世の中は認知科学がそうであるように、SoftBankのSMAPが被写体となっている広告にあるように努力って楽しいが本当の脳の力を最大限発揮することは科学的にも証明されている。そこで考えたいのがあと1つだけやってみるというプラスαの態度である。

誰でも疲れてしまうことを平気で飄々とやってのける人がある。そこを妬むのではなく、自らどのようにやったら楽しくできるか、あと一歩をできるようになれるかを正に努力しなくても無意識レベルで行えるようになるように鍛錬することも必要なのではないだろうか。

最も最後の一滴まで振り絞ってやることはない。そこまでの過程を重んじることが、糧となり躍進へと導く礎となっていくのである。フィジカルだけで乗り切ろうとすることなく、会心的なアイディアや99%の努力以上の1%の閃きとを偶然幸運にも巡り合える能力があるのではないかと感じている。

巨人、イチロー獲りで本格調査

いやだねー。
巨人ってさ、いいイメージないよねー。
だってさ、金でどうにかしようっていうイメージがね。
一時期の、4番打者ばっかり金で集めてた時期とか
最悪だったよねー。
っで、結局、上手い事いかないっていうね。
最高に笑える時期だったよね。
っで、今度は、あのイチロー獲りだってさ。
かぁー、
ほんと、お願いだからさ、
イチローさん、
日本球界に帰ってくる事があってもさ、
絶対に、巨人だけはやめてくださいねー。

脱法ハーブを所持していた後輩を暴行

うーん、
正義感あるれるような出来事では
あるんだけどねー。
暴力はだめだよねー。
なんでもさ、校内で脱法ハーブを所持してい後輩を
暴行して、金も奪ったって事で、その生徒の
先輩の少年3人を逮捕したんだって。
校内のトイレとかで脱法ハーブを吸って、
ほかの生徒にも勧めているのが許せなかったんだって。
気持ちは分かるけどさ、暴力はさ、、。
っで、しかも、そんな事があったにもかかわらず、
その被害の後輩はさ、事件の約1カ月後に
自宅で脱法ハーブを吸引中に錯乱して入院したんだって。
もう、こうなると、ほんと、自業自得だよね。

« Older posts

Copyright © 2017 プラスα

Theme by Anders NorenUp ↑